コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外掛け・外掛(読み)そとがけ

大辞林 第三版の解説

そとがけ【外掛け・外掛】

相撲の決まり手の一。四つに組んでまわしを引きつけ、足を相手の足の外側から掛けて倒す技。 → 内掛け

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる