コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外海府 そとかいふ

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕外海府(そとかいふ)


新潟県佐渡(さどが)島の北西岸をいう。同島北東岸の内海府(うちかいふ)海岸に対する名称。弾(はじき)崎から長手(ながて)岬まで約50kmにわたり岩礁海岸が連続する。スカシユリ・カンゾウの咲く海食崖(かいしょくがい)や奇岩・海食洞が点在し、休暇村佐渡・自然休養村・国民宿舎・キャンプ場・水族資料館・海水浴場などの観光施設が点在する。代表的景勝地の尖閣(せんかく)湾へは達者(たっしゃ)港から遊覧船が出る。佐渡弥彦米山(やひこよねやま)国定公園の一中心。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

外海府の関連キーワード佐渡弥彦米山国定公園外海府・内海府海岸外海府海域公園地区新潟県佐渡市浜田 守太郎休暇村佐渡ドンデン山両津[市]両津〈市〉大佐渡山地キャンプ場内海府海岸佐渡(市)海府海岸国民宿舎赤玉石佐渡島遊覧船尖閣湾海食崖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外海府の関連情報