コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外海府 そとかいふ

1件 の用語解説(外海府の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕外海府(そとかいふ)


新潟県佐渡(さどが)島の北西岸をいう。同島北東岸の内海府(うちかいふ)海岸に対する名称。弾(はじき)崎から長手(ながて)岬まで約50kmにわたり岩礁海岸が連続する。スカシユリ・カンゾウの咲く海食崖(かいしょくがい)や奇岩・海食洞が点在し、休暇村佐渡・自然休養村・国民宿舎・キャンプ場・水族資料館・海水浴場などの観光施設が点在する。代表的景勝地の尖閣(せんかく)湾へは達者(たっしゃ)港から遊覧船が出る。佐渡弥彦米山(やひこよねやま)国定公園の一中心。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外海府の関連キーワード佐渡島佐渡鉱山ドンデン山両津佐渡汽船佐渡佐渡おけさ佐渡院海府海岸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外海府の関連情報