外狩 素心庵(読み)トガリ ソシンアン

20世紀日本人名事典の解説

外狩 素心庵
トガリ ソシンアン

大正・昭和期の美術評論家



生年
明治26(1893)年

没年
昭和19(1944)年4月21日

出生地
愛知県

本名
外狩 顕章

学歴〔年〕
曹洞宗大学卒,二松学舎〔大正2年〕卒

経歴
大正2年中外商業新報社入社、美術記者として活躍。13年学芸部長、昭和3年参事、18年嘱託。南画をよくし、公募展にも発表、古美術に詳しかった。また漢詩、俳句にも親しみ、編著に「竹田」「観音五十首」「崋山先生百年展若干記」「童品二十品」「続相軒庵美術集成図録」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android