外露地・外路地(読み)そとろじ

  • そとろじ ‥ロヂ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 茶庭内の待合から中潜(なかくぐり)の門に至る間をいう。あたかも野外であるような趣に作るところからいう。
※松屋会記‐久重茶会記・寛永六年(1629)一一月一二日「そと路地の入口に、長四条に板書院ありて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android