多 忠亮(読み)オオノ タダスケ

20世紀日本人名事典の解説

多 忠亮
オオノ タダスケ

大正・昭和期のバイオリニスト,作曲家



生年
明治28(1895)年5月3日

没年
昭和4(1929)年12月5日

出身地
東京

学歴〔年〕
東京音楽学校(現・東京芸術大学)卒

経歴
古くから続く雅楽専業の多家に生まれるが、洋楽に専念。音楽学校卒業後、宮内省楽部のバイオリン奏者として活躍。東京音楽学校、東洋音楽学校の教授も務めた。一方、大正6年頃竹下夢二の小唄集「どんたく」の中の詩に曲をつけ「宵待草」を作曲。演歌師によって全国に広まり大ヒットとなった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

多 忠亮
オオノ タダスケ


職業
バイオリニスト 作曲家

生年月日
明治28年 5月3日

出身地
東京都

学歴
東京音楽学校(東京芸術大学)卒

経歴
古くから続く雅楽専業の多家に生まれるが、洋楽に専念。東京音楽学校在学中の大正5年竹久夢二の絵入り小唄集「どんたく」を読み、その中の一編「宵待草」という詩に感激、すぐさまこれに曲を付けたい旨を夢二に問い合わせ、許可を受けるや詩に合わせた叙情的なメロディーを作曲した。同曲は7年楽譜として出版されて好評をもって迎えられ、演歌師によって全国に広まり大ヒット。夢二にとっても思い出の深い詩であったことから、涙を流して多に礼を述べたといわれる。卒業後、宮内省楽部のバイオリン奏者となるとともに、榊原直、平井保三との榊原トリオやハイドン・カルテットの一員としても活躍。バイオリン教師としても有名で、個人指導のほか東京音楽学校(東京芸術大学)、東洋音楽学校(東京音楽大学)、陸軍戸山学校などで教え、吉田敏夫、小林精一、三宅五郎、山田早苗ら優秀なバイオリニストを育てた。後年は管弦楽の指揮にも力を注ぎ、15年のベートーヴェン「第1交響曲」、昭和4年のベートーヴェン「第5交響曲」の指揮は高く評価された。音楽家として将来を嘱望されたが、若くして没した。作曲家としては「宵待草」以外に2曲を作ったのみであった。

没年月日
昭和4年 12月5日 (1929年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android