多々良島ふたたび/ウルトラ怪獣アンソロジー

デジタル大辞泉プラスの解説

1960年代の特撮ドラマ「ウルトラマン」「ウルトラQ」の世界観の中で展開される新作のSF短編小説アンソロジー。2015年刊。7人の人気SF小説作家が競作した、円谷プロダクションと早川書房による公式コラボレーション企画「TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE」の第1弾。表題作「多々良島ふたたび」(山本弘)、「怪獣ルクスビグラの足型を取った男」(田中啓文)の2作が、2016年の第47回星雲賞で日本短編部門(小説)賞を受賞した。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android