コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多剤耐性緑膿菌(MDRP)

1件 の用語解説(多剤耐性緑膿菌(MDRP)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

多剤耐性緑膿菌(MDRP)

緑膿菌は土や水のほか、人の腸内にもいる常在菌。湿った環境を好み、排水口などの水回りに多い。薬剤が効かないMDRPは、健康な人が感染しても発症しないため発見しにくく保菌者が広がりやすいが、高齢者や病気で免疫力が低下した人は肺炎や敗血症を起こし、命を落とすことも。重症者の多い医療機関などでは特に監視・予防対策に努める必要性が指摘されている。

(2007-03-15 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多剤耐性緑膿菌(MDRP)の関連キーワード腸内細菌緑膿菌セラチア菌バンコマイシン耐性腸球菌悪玉菌瓜実条虫化膿菌善玉菌蜷の腸腸内ガス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone