コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多摩開発とタヌキ

1件 の用語解説(多摩開発とタヌキの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

多摩開発とタヌキ

多摩丘陵のタヌキは、1960年代からの多摩NT開発により、残された緑地や周辺で開発の進まない山林に点在するようになった。自然観察グループメンバーは90年代、タヌキが開発で追いつめられ、事故に遭っている実態を調べ、町田市も市道を横切る全長約15メートルの専用トンネルを造った。スタジオジブリの「平成狸合戦ぽんぽこ」(94年、高畑勲監督)は、そんなタヌキたちを主人公に、開発を進める人間を撃退しようと奮闘する姿を描いた。

(2013-01-11 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多摩開発とタヌキの関連キーワード多摩丘陵武蔵陵墓地狸親父狸藻手貫狸菖蒲狸丼

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone