コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多核種除去設備「ALPS」 たかくしゅじょきょせつび「あるぷす」 Advanced Liquid Processing System

1件 の用語解説(多核種除去設備「ALPS」の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

多核種除去設備「ALPS」

高濃度汚染水から複数種類の放射性物質(核種)を同時に除去する装置。東芝が製造し、東京電力に納入した。福島第一原発の高度汚染水処理に用いられることとなり、2013年4月より試運転が実施されていた。従来の水処理設備は主に放射性セシウムを除去するものだったが、放射性物質の濃度をより低く管理するため、その他の核種(放射性物質)についても、経済産業大臣が告示で定めた放射性物質の濃度限度(告示限度)以下を目標として除去するため、同設備が導入された。除去できる放射性物質の種類は62種類で、すべての放射性物質を検出限界値未満まで除去することができる。同設備はA~C系の計3基でA系は4月より試験運転していたが、6月にタンクの腐食による水漏れトラブルが発生したため、東京電力が原因を調べていた。政府と東京電力は13年7月25日、福島第1原発の廃炉対策推進会議を開き、放同設備ついて8月上旬から約1カ月半、試験運転を停止することを決定。東京電力によると、運転停止によって推計約2万立方メートルの汚染水処理が遅れる見通しである。

(2013-7-29)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多核種除去設備「ALPS」の関連キーワード食品中の放射性物質基準値経根吸収直接沈着放射性プルーム放射性物質汚染対処特措法放射能汚染水高濃度汚染水の流出焼却灰と放射性物質放射性セシウム食品中の放射性物質の基準

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone