コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多色性ハロ たしきせいハロpleochroic halo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多色性ハロ
たしきせいハロ
pleochroic halo

暈色ともいう。放射能をもつ鉱物の包有物が,その放射線のために生じる鉱物中の同心円状の濃淡模様。たとえば黒雲母中のジルコンなどの周囲に,半径 30~40μmの同心円を示す多色性が認められる。ハロの核になる放射性鉱物としては,ジルコンのほか,楔石,モナズ石リン灰石などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone