コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)

世界貿易機関(WTO)で進められている関税など国際貿易ルールを決める交渉のこと。中東カタールの首都ドーハで01年に開催された閣僚会議で始まった。今年7月に一度は決裂したが、事務レベルの協議を再開。11月に開かれた金融サミットとアジア太平洋経済協力会議(APEC)が、相次いで年内の大枠合意を目指すとの首脳宣言を出している。

(2008-12-08 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)の関連キーワード環大西洋貿易投資パートナーシップウルグアイ・ラウンド農業交渉キャサリン アシュトン食料・農業・農村基本法ウルグアイ・ラウンドミニマム・アクセスウルグアイラウンドスーザン シュワブドーハ・ラウンド貿易の技術的障害グリーン補助金WTO閣僚会合地域貿易協定世界貿易機関対外共通関税東京ラウンド新ラウンドウルグアイ非関税障壁現地調達率

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)の関連情報