コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多賀城海軍工廠

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

多賀城海軍工廠

工廠とは、艦船や飛行帰兵器、弾薬の開発・製造を行った軍需工場のこと。塩釜港や東北線に近く交通が便利だったほか、労働力も豊かで、原料の火薬を供給する海軍火薬廠が柴田町にあったことなどから、多賀城が選ばれた。旧多賀城村の4分の1に当たる500ヘクタール近くが買収され、1943年10月に開設。敷地内では、零式艦上戦闘喫ゼロ戦)用機銃と、爆弾などを製造した。空襲が激しくなったため、45年4月に松島町の地下に工場を完成させたが、間もなく終戦を迎えた。工廠跡地は陸上自衛隊多賀城駐屯地になったほか、払い下げられて東北学院大学や工場が進出した。

(2013-01-23 朝日新聞 朝刊 宮城全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android