コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多賀谷向陵

1件 の用語解説(多賀谷向陵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

多賀谷向陵

江戸後期の幕臣。尾張生。儒者・書家。江戸の人。名は瑛之、字は白(伯)華、通称を貞吉、別号に五石居士。書を細井竹岡に学び能くした。文政10年(1827)歿、62才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多賀谷向陵の関連キーワード秦鼎勾田台嶺奥田桐園早斯尹丹羽盤桓子長谷川鶴洲畑中西山松本龍澤落合縫殿助正永小堀宗中

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone