コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多門庄左衛門(初代) たもん しょうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多門庄左衛門(初代) たもん-しょうざえもん

?-? 江戸時代前期の歌舞伎役者。
京都の舞台にでていたが,寛文元年(1661)江戸にうつる。伊達(だて)な風俗と所作をとりいれた丹前創始者で,初期の歌舞伎の名立役(たちやく)として活躍した。当たり芸は「谷中六方」など。また加賀節の創始者ともいわれている。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android