コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜臼式土器 ゆうすしきどき

大辞林 第三版の解説

ゆうすしきどき【夜臼式土器】

九州地方の縄文晩期末の突帯文土器。福岡県新宮町夜臼遺跡が標式遺跡。板付遺跡で夜臼式と水田址・炭化米・木製農具が共伴し、弥生早期とされるようになった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夜臼式土器の関連キーワード夜臼遺跡九州地方板付遺跡水田址

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android