夜這い・婚(読み)よばい

大辞林 第三版の解説

よばい【夜這い・婚】

( 名 ) スル
〔「呼ばふ」の連用形から〕
男が求婚をし、女の許もとに通うこと。元来、男が女の所に通う婚姻形式が一般であったが、のち嫁入り婚が支配的になると次第に不道徳なものと考えられるようになり、「夜這い」などと解されるようになった。 「くはし女をありと聞こしてさ-にあり立たし-にあり通はせ/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android