夜鳴饂飩(夜啼饂飩)(読み)よなきうどん

世界大百科事典 第2版の解説

よなきうどん【夜鳴饂飩(夜啼饂飩)】

夜間に街頭を流し歩くそば・うどん売。江戸末期に京坂地方ではうどん専門,江戸ではそばを主としうどんも兼ねたが,夜鳴きうどんは京坂地方の呼名で,江戸ではむしろ夜鷹そばと称し,街娼(がいしよう)の夜鷹が多くこれを食べるからと説明されていた。江戸の夜そば売は,担ぎ屋台にかならず風鈴をつるすならわしであり,京坂地方でもこれにならうものがあった。夜そば売は市民に親しい存在であり,とくに秋冬の夜の添景として,芝居その他のものにも広く取材された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の夜鳴饂飩(夜啼饂飩)の言及

【うどん(饂飩)】より

…小麦粉でつくるめん類の一種。名称は奈良時代に中国から渡来した唐菓子の餛飩(こんとん)からの転化で,いつの間にか饂飩,温飩と書かれ,〈うんどん〉〈うどん〉と呼ばれるようになったが,中身は別物である。近世に饂飩といったのは中国の切麵(せつめん)で,日本の切麦(きりむぎ)にあたる。切麦はうどんより細く切るのが特徴で,熱くしたものを熱麦(あつむぎ),冷やしたものを冷や麦といい,そうめんと同じく点心のほか饗膳(きようぜん)の後段(ごだん)にも供された。…

※「夜鳴饂飩(夜啼饂飩)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android