コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大ウスリー島と国境交渉

1件 の用語解説(大ウスリー島と国境交渉の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大ウスリー島と国境交渉

隣接するタラバロフ島と合わせた2島の合計面積は335平方キロ。中国では2島を黒瞎子(ヘイシアツー)島と呼ぶ。河川の主要航行路を国境とする中ロ間の原則では2島とも中国領だが、実効支配してきたロシアは2島全部の引き渡しに反対。1964年に始まった交渉の結果、大ウスリー島の西側とタラバロフ島の全部計171平方キロを中国、大ウスリー島の東側164平方キロをロシアとすることで妥協。プーチン大統領は今年4月の日ロ首脳会談北方領土問題を協議した際、この「2等分」方式に言及した。

(2013-08-29 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大ウスリー島と国境交渉の関連キーワードしたらば合せ薫き物合せ物Хабаровск引合せ物合せ居合わせた女裏ソフトラバーサンドイッチラバー合わせ味噌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone