大上段に構える(読み)だいじょうだんにかまえる

大辞林 第三版の解説

だいじょうだんにかまえる【大上段に構える】

相手を威圧し、侮るような態度で接する。また、物事をおおげさに、堅苦しく考えることのたとえ。大上段に振りかぶる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大上段に構えるの関連情報