コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保(彦左衛門)忠教 おおくぼ ひこざえもん

1件 の用語解説(大久保(彦左衛門)忠教の意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

大久保(彦左衛門)忠教

1560〜1639(永禄3〜寛永16)【旗本】三河以来の古武士の意地が光る、『三河物語』。 旗本。三河国出身。名は、忠教。通称彦左衛門。家康に仕え、1576年の遠江乾の戦い以来、各地で戦功を立てた。1614年甥で主君の忠隣が謀反の疑いで改易され、三河国1000石を与えられる。秀忠・家光にも仕え、無欲・奇行で知られた。徳川氏の発祥から自己の体験を記録した『三河物語』を著した。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大久保(彦左衛門)忠教の関連キーワード西園寺実益里村昌陸大久保彦左衛門釜山窯芥川六兵衛織田秀一汾陽理心景賛半井成近成瀬正親

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone