コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保甲東 おおくぼ こうとう

美術人名辞典の解説

大久保甲東

幕末・明治の薩摩藩士・政治家。薩摩生。初名は利済、通称は正助、のち一蔵、名は利通。公武合体運動に参加。のち木戸孝允と結び薩長連合を成立させ、王政復古の指導的役割を果たす。維新後、参議となり廃藩置県版籍奉還を成功させる。また征韓論に反対して、地租改正殖産興業内政の確立をはかった。明治11年(1878)歿、49才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大久保甲東の関連情報