コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保 利通 オオクボ トシミチ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

大久保 利通
オオクボ トシミチ


肩書
内務卿

別名
前名=利済 通称=正助 一蔵 号=甲東

生年月日
文政13年8月10日(1830年)

出生地
薩摩国鹿児島城下高麗町(鹿児島県)

経歴
薩摩藩出身。幼少時より西郷隆盛と交わる。弘化3年(1846年)薩摩藩記録所助役として出任。島津斉彬の改革に参画、のち久光の下で公武合体運動を進めた。慶応2年木戸孝允と薩長連合を成立させ、討幕派の中心人物として、岩倉具視と組んで王政復古クーデターなど倒幕への過程で暗躍した。維新後の明治2年参議となり、版籍奉還や廃藩置県を推進する。4〜6年岩倉遣外使節団副使として欧米視察。帰国後は征韓論に反対の立場をとり、征韓派退陣後は内務卿を兼任、地租改正・殖産興業などによる資本主義育成政策を推進。7年佐賀の乱、台湾出兵、10年西南戦争の処理にあたり、内政の整備に奔走していた矢先に暗殺された。著書に「大久保利通日記」(全2巻)、「大久保利通文書」(全10巻)がある。

没年月日
明治11年4月14日

家族
息子=牧野 伸顕(宮内相) 大久保 利賢(銀行家) 孫=大久保 利謙(日本近代史学者)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

大久保 利通の関連キーワード三傑(明治維新の三傑)明治6年の政変大久保 利武紀尾井坂の変維新の三傑蓑田伝兵衛岩倉使節団波多野尹政翔ぶが如くキオソーネビスマルク千住製絨所薩土盟約キヨソネ安藤藤二斎藤時泰浅井寿篤薩長同盟松田克之麻生太郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大久保 利通の関連情報