大井川(静岡県の川)(読み)おおいがわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大井川(静岡県の川)
おおいがわ

静岡県中央部を南流する川。一級河川。赤石(あかいし)山脈北部の間ノ岳(あいのたけ)(3190メートル)に源流をもち、駿河湾(するがわん)に注ぐ河川で、延長168キロメートル、流域面積1280平方キロメートル。島田市から下流には扇状地を形成するが、流域の大部分は山間地を流れ、峡谷と曲流に特色をもつ。上流部の二軒小屋から伝付峠(でんつくとうげ)を越えて富士川水系へ、三伏峠(さんぷくとうげ)を経て天竜川水系への峠路がある。上流域の旧井川村は接岨峡(せっそきょう)で閉じられたため大日峠を越えて静岡市と結び付き、現在は静岡市に編入されている。支流の寸又川(すまたがわ)も穿入蛇行(せんにゅうだこう)の峡谷をもち、上流のシラビソ、トウヒ、モミなどの原生林は原生自然環境保全地域に指定されている。年降水量も上流部は3000ミリメートルを超えるため森林資源に恵まれ、その開発のため東俣(ひがしまた)線林道が建設されている。また、水資源も豊富で井川ダム、畑薙ダム(はたなぎだむ)がつくられ電源地帯となり、大井川水系の15発電所の最大出力は約68万キロワットとなった。また、接岨峡近くに建設が進められていた長島ダムは、調査開始から30年を経た2002年(平成14)に竣工(しゅんこう)した。開発に伴う鉄道の敷設もみられ、1931年(昭和6)には千頭(せんず)まで大井川鉄道が開設され、1954年(昭和29)にはさらに井川まで河川に沿って軌道が延びた。かつての運材は筏流し(いかだながし)であり、谷口の島田市は集材や林産加工を中心に発展した。中流の川根(かわね)地方は曲流と河岸段丘の地形に特色をもち、鵜山七曲り(うやまななまがり)はその典型である。下流の扇状地は築堤前には洪水と氾濫(はんらん)が繰り返され、水害に対処した舟型屋敷や千貫(せんがん)堤などの堤防が旧河道とともに残り、水神や川除(かわよけ)地蔵の信仰もみられる。東海道の川越えは徒渉であり、島田宿の川会所(かわかいしょ)(島田宿大井川川越遺跡)は国指定史跡として整備されている。

[北川光雄]

大井川の渡し

大井川を渡る東西交通は、古くから徒渉のための渡船や橋の発達はみられず、江戸初期まで「自分越(ご)し」が原則であった。とくに江戸時代には「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」といわれ、東海道屈指の荒れ川のほかに、関所川でもある難所であった。幕府は防衛政策上、架橋も渡船も禁じた。1696年(元禄9)島田代官野田三郎左衛門のとき、徒渉制度が確立し、川庄屋(かわしょうや)、川会所が設けられた。川越(かわごし)は島田、金谷宿の両岸に配された川越人足によって行われ、肩車と輦台(れんだい)越し(渡し)があった。賃金は水深によって決まり、常水は2尺5寸(約75センチメートル)で、それから1尺(約30センチメートル)までの増水には馬だけを歩ませ、2尺(約60センチメートル)増となれば人を止め、2尺以上増水して4尺5寸(135センチメートル)の水かさになれば川留(かわどめ)となった。しかし、宿助郷や地域村民の不便は大きく、上流部のたらい舟による往復は黙認されていたといわれる。

[北川光雄]

『『大井川――その歴史と開発』(1961・中部電力)』『野本寛一著『大井川――その風土と文化』(1979・静岡新聞社)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例