大井 次三郎(読み)オオイ ジサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

大井 次三郎
オオイ ジサブロウ

昭和期の植物分類学者 元・国立科学博物館附属自然教育園長。



生年
明治38(1905)年9月18日

没年
昭和52(1977)年2月22日

出生地
東京・深川

学歴〔年〕
京都帝大農学部〔昭和5年〕卒

学位〔年〕
理学博士

主な受賞名〔年〕
朝日賞(昭46年度)

経歴
初め京大講師となったが、昭和18年陸軍軍属としてジャワのボゴール植物園に勤めた。敗戦後21年に引き揚げ、国立科学博物館に勤め、同館附属自然教育園長、同館図書課長などを歴任。28年「日本植物誌」を刊行、日本の植物を分類、集大成した。32年に同シダ篇、40年に顕花植物篇を出版、スゲ、ホモノ科の分類に業績を挙げた。45年に退官。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android