コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大使公邸事件と赤十字国際委員会(ICRC)

1件 の用語解説(大使公邸事件と赤十字国際委員会(ICRC)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大使公邸事件と赤十字国際委員会(ICRC)

公邸でのパーティーに出席していたICRCペルー駐在代表のミニグ氏が、発生直後から左翼ゲリラペルー治安部隊の間に立ち、戦闘をやめるよう呼びかけた。その後は人質のために食料、衣類、医薬品などを公邸に搬入。医師も診察した。本来は戦場の兵士らと家族を結ぶ手紙である「赤十字通信」が、人質と家族の間で9千通以上やりとりされた。日本赤十字からも医師ら6人が派遣された。一方でペルー政府はICRCの姿勢を「ゲリラ寄り」と批判。突入直前にはペルー駐在次席代表が国外退去を命じられた。

(2006-12-14 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大使公邸事件と赤十字国際委員会(ICRC)の関連キーワードガーデンパーティー会費カクテルパーティーダンスパーティーパーティーホームパーティーパーティーハウスパジャマパーティービヤパーティーカウンターパーティー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone