大使公邸事件と赤十字国際委員会(ICRC)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大使公邸事件と赤十字国際委員会(ICRC)

公邸でのパーティーに出席していたICRCペルー駐在代表のミニグ氏が、発生直後から左翼ゲリラとペルー治安部隊の間に立ち、戦闘をやめるよう呼びかけた。その後は人質のために食料、衣類、医薬品などを公邸に搬入。医師も診察した。本来は戦場の兵士らと家族を結ぶ手紙である「赤十字通信」が、人質と家族の間で9千通以上やりとりされた。日本赤十字からも医師ら6人が派遣された。一方でペルー政府はICRCの姿勢を「ゲリラ寄り」と批判。突入直前にはペルー駐在次席代表が国外退去を命じられた。

(2006-12-14 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android