コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大倉好斎 おおくら こうさい

1件 の用語解説(大倉好斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大倉好斎

古筆鑑定家、京都の人。紀州徳川家に仕え、法橋に叙せられる。文久2年(1863)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大倉好斎の関連キーワード古筆了伴古筆一村原田九郎兵衛古筆了雪古筆了栄古筆了延古筆了音古筆了泉古筆了任古筆了博

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone