コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大入島埋め立て事業

1件 の用語解説(大入島埋め立て事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大入島埋め立て事業

県が93年に改定した佐伯港の港湾整備計画(事業総額800億円)の一環。佐伯港を浚渫(しゅんせつ)した際に出る土砂など約73万立方メートルを使い、約6・1ヘクタール埋め立てる。事業費約47億円。2010年ごろの完成を見込む。03年11月の着工を住民の抗議で延期。昨年1月24日に再開したが、5日後に「作業を当面の間中断する」と発表した。

(2006-01-30 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大入島埋め立て事業の関連キーワード地域高規格道路漁港漁場整備長期計画BMD整備計画河川整備計画改正河川法淀川水系河川整備計画六条潟周辺の埋め立て計画森の力再生事業国の港湾政策戦略港湾

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone