コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大円仏通

美術人名辞典の解説

大円仏通

江戸後期の曹洞宗の僧。俗姓生国は不詳。出家して東門慧西に師事し、のち山城国永昌寺に住した。文政年間に摂津有馬を巡化し、光明寺を開き、衆徒を接得した。その禅風は極めて峻厳で、人々に虎仏通と呼ばれた。文政8年(1825)寂、寂年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android