大刀洗(町)(読み)たちあらい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大刀洗(町)
たちあらい

福岡県中西部、三井郡(みいぐん)にある町。1955年(昭和30)大刀洗、大堰(おおぜき)、本郷(ほんごう)の3村が合併して町制施行。筑後川(ちくごがわ)中流右岸の沖積平野が広がり、西日本鉄道甘木線、甘木鉄道、国道322号、500号が通じる。大分自動車道筑後小郡(おごおり)インターチェンジが近い。稲作と野菜栽培を中心とする農業が主産業で、旧陸軍大刀洗飛行場跡地も水田として利用されている。近年では久留米(くるめ)市などへの通勤者も増加している。北西の山隈(やまぐま)には南北朝の古戦場といわれる大刀洗公園があり、菊池武光(たけみつ)勢が血刀を洗ったことが地名のおこりといわれる。見どころとして筑後川からの灌漑(かんがい)用水取水口としての床島堰(とこしまぜき)、今村(いまむら)カトリック教会、西光(さいこう)寺などがある。奈良時代の役所跡とみられる下高橋官衙遺跡(しもたかはしかんがいせき)は国指定史跡。面積22.84平方キロメートル、人口1万5138(2015)。[石黒正紀]
『『大刀洗町史』(1981・大刀洗町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大刀洗(町)の関連情報