コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大刀洗飛行場

1件 の用語解説(大刀洗飛行場の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大刀洗飛行場

1919(大正8)年、中国大陸など南方方面への中継基地として、旧日本軍が国内4番目の飛行場として整備。終戦間際には、周辺の朝倉市、小郡市、大刀洗町にまたがる東西6キロ、南北3キロにも及んだ。軍人や軍属、動員学徒など3万~3万5千人が働いていたとされている。

(2009-10-02 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大刀洗飛行場の関連キーワード大陸浪人南海南極区此方方彼方方貴方方所所方方陸な白河鯉洋平野零児

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大刀洗飛行場の関連情報