コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分の豪雨被害

1件 の用語解説(大分の豪雨被害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大分の豪雨被害

九州北部豪雨など7月の記録的豪雨で、中津市の耶馬渓、日田市などが大きな被害を受けた。耶馬渓を流れる山国川は2度氾濫(はんらん)。周辺の住宅や商店約900棟が浸水などの被害にあった。山国川に架かる県・市管理の橋は少なくとも六つが流され、復旧の見通しがたたないものもある。川沿いの国道は複数箇所が崩落し現在修復工事中。紅葉シーズンの今月18日には多くの観光客が訪れたが、片側交互通行で渋滞が発生した。

(2012-11-22 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分の豪雨被害の関連キーワード崖崩れ記録的豪雨東海豪雨訴訟ツイッターのなう九州北部豪雨09年夏の豪雨災害7・15豪雨災害1999年6月と2003年7月の豪雨諫早豪雨

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone