コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分ホーバーフェリー

1件 の用語解説(大分ホーバーフェリーの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大分ホーバーフェリー

社名も同じ。空港と大分市の約29キロを約30分で結ぶ。通常の片道運賃は大人2980円。開業した71(昭和46)年以来、延べ約1250万人が利用した。ゴム製の「スカート」と呼ばれる部分に空気を送り続け、海面から浮いた状態で航行する。同社所有の4隻の年間維持費は1億2千万円以上という。

(2009-10-26 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分ホーバーフェリーの関連キーワード大分市大分平野鶴崎秋田空港大分空港釧路空港上海リニア上海リニア延伸計画東九州自動車道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone