コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分川ダム

1件 の用語解説(大分川ダムの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大分川ダム

直轄事業で水道水確保と洪水防止を目的に、大分市の大分川水系七瀬川に建設中。用地補償や漁業補償の交渉が難航し、昨年、工期が17年まで延長された。2回の計画変更に伴い事業費は当初見込みの760億円から967億円に膨らんだ。このうち国は620億円、県が150億円、大分市が197億円を負担する。大山ダム独立行政法人水資源機構が福岡県南部の利水と周辺の治水を目的に、日田市大山町の筑後川水系赤石川に建設。本体工事は着工している。総事業費は約1400億円で大分県の負担分は約1%。昨年度までの進捗率は事業費ベースで54%。12年度に完成予定。

(2009-10-10 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分川ダムの関連キーワード長良川河口堰直轄事業直轄事業負担金制度国直轄事業負担金当別ダム胆沢ダム直轄事業の地方負担国直轄事業負担金制度湯西川ダム市町村負担金

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大分川ダムの関連情報