コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分市のギネスごみ拾い問題

1件 の用語解説(大分市のギネスごみ拾い問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大分市のギネスごみ拾い問題

1日のごみ拾い参加者数世界一を目指して05年8月7日、「ギネスに挑戦・全市いっせいごみ拾い大作戦」を開催し、市民約14万人が参加。だが市は、ギネスが求めている「事前申請」をせず、開催後2年以上がたった今も「世界一」に認定されていない。市は今年3月、事前申請の必要性に気づき、8月にロンドンのギネス本社に書類一式を再提出。やっと審査が始まった。

(2007-09-16 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分市のギネスごみ拾い問題の関連キーワード次世代スパコン御拾いごみごみ拾い歩き拾い物売買参加者上市のごみ有料化の方針富士山の世界文化遺産登録を目指す運動神戸医療産業都市横手市のごみ処理統合施設

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone