コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分海上保安部

1件 の用語解説(大分海上保安部の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大分海上保安部

瀬戸内海など周辺海域約3300平方キロを管轄し、7隻の巡視艇を持つ。106人の職員は大分市の本部と佐伯海上保安署、津久見分室に分かれ、福岡・山口・愛媛・宮崎との県境までカバーする。主要港の大分港には昨年、1万7408隻が入港した。09年にホーバークラフト航路が廃止されたため5千隻ほど減ったが、それを除けば入港数はここ数年大きな変化はない。管内の海難事故は昨年は52件。うち漁船が23件、貨物船とプレジャーボートが各10件で、内容は衝突や乗り上げ、転覆など。

(2011-06-05 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分海上保安部の関連キーワード生口島伊予灘大島男木島瀬戸内海瀬戸内海国立公園友ヶ島伯方島播磨灘瀬戸内法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大分海上保安部の関連情報