コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分県大分市鶴崎 つるさき

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕鶴崎(つるさき)


大分県大分市にある地名。
別府湾に面する工業地区。旧・鶴崎市が、1963年(昭和38)大分市に編入。江戸時代を通じて熊本藩領。大野川と瀬戸内海を結ぶ河口港として栄えた。昭和30年代から精油・鉄鋼・石油化学工場や火力発電所が進出、臨海工業地域を形成。法心(ほうしん)寺(日蓮宗)、脇蘭室(わきらんしつ)の墓、毛利空桑(もうりくうそう)記念館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

大分県大分市鶴崎の関連キーワード毛利空桑脇蘭室

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android