コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分県大分市鶴崎 つるさき

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕鶴崎(つるさき)


大分県大分市にある地名。
別府湾に面する工業地区。旧・鶴崎市が、1963年(昭和38)大分市に編入。江戸時代を通じて熊本藩領大野川瀬戸内海を結ぶ河口港として栄えた。昭和30年代から精油・鉄鋼・石油化学工場や火力発電所が進出、臨海工業地域を形成。法心(ほうしん)寺(日蓮宗)、脇蘭室(わきらんしつ)の墓、毛利空桑(もうりくうそう)記念館がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例