コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分県大分市鶴崎 つるさき

1件 の用語解説(大分県大分市鶴崎の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕鶴崎(つるさき)


大分県大分市にある地名。
別府湾に面する工業地区。旧・鶴崎市が、1963年(昭和38)大分市に編入。江戸時代を通じて熊本藩領大野川瀬戸内海を結ぶ河口港として栄えた。昭和30年代から精油・鉄鋼・石油化学工場や火力発電所が進出、臨海工業地域を形成。法心(ほうしん)寺(日蓮宗)、脇蘭室(わきらんしつ)の墓、毛利空桑(もうりくうそう)記念館がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分県大分市鶴崎の関連キーワード大分川佐賀関別府豊後大野うみたまご大分パルコ大分フォーラストキハ 本店パークプレイス大分別府大分毎日マラソン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone