大分県宇佐市(読み)うさ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕宇佐〈市〉(うさ〈し〉)


大分県北部にある市。
国東(くにさき)半島基部に位置し、周防灘(すおうなだ)に面する。宇佐神宮をはじめ歴史的文化財が多い。2005年(平成17)3月、旧・宇佐市と宇佐郡の院内町、安心院町と合併して現在の姿となる。この合併により、宇佐郡は消滅。駅館(やっかん)川・伊呂波(いろは)川などの河川が流れ、周防灘にそそぐ。駅館川の流域では稲作・野菜栽培が盛ん。南部ではシイタケ・ブドウ・メロンなどの栽培と畜産、安心院町地区ではスッポンの養殖も行われ、院内町地区ではユズが特産品。電機・飲料・食品などの工場が操業。宇佐神宮は全国の八幡宮の総本社で、本殿は国宝に指定。葛原(くずはら)古墳・四日市横穴群はいずれも国の史跡。岳切(たつきり)渓谷、東椎屋(ひがししいや)の滝など耶馬渓(やばけい)の景勝地がある。院内町地区の約70基の石橋は文化財としても貴重。安心院町地区には楢本磨崖仏(ならもとまがいぶつ)、アフリカンサファリなどがあり、観光客でにぎわう。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大分県宇佐市の関連情報