コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分県日田市 ひた〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕日田〈市〉(ひた〈し〉)


大分県北西部、日田盆地とその周辺山地からなる市。
西部で福岡県、南部で熊本県に接する。2005年(平成17)3月、日田郡の前津江村、中津江村、上津江村、大山町、天瀬町を合併して現在の姿となる。この合併により日田郡は消滅。旧・日田市は江戸時代を通じておおむね幕府直轄領となり、西国筋郡代役所がおかれた地域。良質のスギ材(日田杉)を産し、これを利用した家具などの木工業、製材業が盛ん。酒造・食品関連の工場もある。稲作・酪農・畜産のほか、茶・シイタケ・コンニャク・ワサビ・ミニトマトなどの高冷地野菜・ウメやスモモなどの果樹の栽培を行う。筑後川上流に松原ダム、下筌(しもうけ)ダムがある。市内にある咸宜園(かんぎえん)跡は江戸時代後期の儒学者広瀬淡窓(ひろせたんそう)が開いた私塾で国の史跡に指定。皿山地区は小鹿田(おんた)焼で知られる。前津江地区と大山地区の東部は津江山系県立自然公園に属する。筑後川支流の玖珠(くす)川に沿う天ケ瀬温泉は複数の露天風呂で知られる。上津江地区には国際規模のレーシングコースオートポリスがあり、中津江地区には鯛生(たいお)金山跡を利用した地底博物館がある。天ケ瀬地区の高塚愛宕地蔵尊は近県からも多くの信者を集める。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

大分県日田市の関連キーワード大分県日田市前津江町柚木大分県日田市前津江町赤石大分県日田市日の本町大分県日田市日ノ出町大分県日田市夜明上町大分県日田市夜明中町大分県日田市日ノ隈町大分県日田市丸の内町大分県日田市東羽田町大分県日田市鶴河内町大分県日田市月出町大分県日田市若宮町大分県日田市鶴河内大分県日田市刃連町大分県日田市山田町大分県日田市吹上町大分県日田市伏木町大分県日田市三池町大分県日田市水目町大分県日田市松野町

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大分県日田市の関連情報