大分県杵築市(読み)きつき〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕杵築〈市〉(きつき〈し〉)


大分県北東部、国東(くにさき)半島南部に位置する市。
別府湾に臨む。2005年(平成17)10月、旧・杵築市と西国東(にしくにさき)郡大田村、速見(はやみ)郡山香町(やまがまち)が合併して現在の姿となる。この合併により西国東郡は消滅。JR日豊本線が通じる。江戸時代は杵築藩の城下町。国東半島の物資集散地として栄えた。稲作・畜産(養鶏・肉牛肥育)・酪農とミカンなどの柑橘類・野菜・茶・シイタケ・テッポウユリなどの花卉(かき)の栽培が盛ん。特に山香町地区の米は「山香米」と呼ばれ、古くから質の良さで知られる。山間部ではヒノキを産する。酒造業も行う。電機・IC関連産業の工場のほか、薬品・工作機械などの工場がある。両子(ふたご)山南麓の大田地区には六郷満山の仏教文化を伝える石造文化財が多数残る。山香町地区に多く残る鏝絵(こてえ)は国の選択無形民俗文化財。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大分県杵築市の関連情報