コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分県杵築市 きつき〈し〉

1件 の用語解説(大分県杵築市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕杵築〈市〉(きつき〈し〉)


大分県北東部、国東(くにさき)半島南部に位置する市。
別府湾に臨む。2005年(平成17)10月、旧・杵築市と西国東(にしくにさき)郡大田村、速見(はやみ)郡山香町(やまがまち)が合併して現在の姿となる。この合併により西国東郡は消滅。JR日豊本線が通じる。江戸時代は杵築藩の城下町。国東半島の物資集散地として栄えた。稲作・畜産(養鶏・肉牛肥育)・酪農とミカンなどの柑橘類・野菜・茶・シイタケ・テッポウユリなどの花卉(かき)の栽培が盛ん。特に山香町地区の米は「山香米」と呼ばれ、古くから質の良さで知られる。山間部ではヒノキを産する。酒造業も行う。電機・IC関連産業の工場のほか、薬品・工作機械などの工場がある。両子(ふたご)山南麓の大田地区には六郷満山の仏教文化を伝える石造文化財が多数残る。山香町地区に多く残る鏝絵(こてえ)は国の選択無形民俗文化財

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分県杵築市の関連キーワード国東国東半島国東市豊後高田熊野磨崖仏くにさき安岐[町]杵築[市]国東[町]武蔵[町]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大分県杵築市の関連情報