コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分県津久見市 つくみ〈し〉

1件 の用語解説(大分県津久見市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕津久見〈市〉(つくみ〈し〉)


大分県南東部の市。
豊後(ぶんご)水道の津久見湾に面し、東九州自動車道が通じる。特産の石灰石を利用したセメント・石灰・炭酸カルシウムの製造業が発達し、秩父小野田のセメント工場などが立地。マグロ延縄(はえなわ)漁業や、急傾斜地でのミカン農業も盛ん。尾崎の小ミカン先祖木は1157年(保元2)に移植されたといわれ、国の天然記念物に指定。青江ダムは桜の名所。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分県津久見市の関連キーワード佐伯湾鶴御崎津久見豊前豊後豊後大野豊後表豊後高田豊後路鎮高

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大分県津久見市の関連情報