コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分県津久見市 つくみ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕津久見〈市〉(つくみ〈し〉)


大分県南東部の市。
豊後(ぶんご)水道の津久見湾に面し、東九州自動車道が通じる。特産の石灰石を利用したセメント・石灰・炭酸カルシウムの製造業が発達し、秩父小野田のセメント工場などが立地。マグロ延縄(はえなわ)漁業や、急傾斜地でのミカン農業も盛ん。尾崎の小ミカン先祖木は1157年(保元2)に移植されたといわれ、国の天然記念物に指定。青江ダムは桜の名所。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

大分県津久見市の関連キーワードツヅラセメクラチビゴミムシ大分県津久見市セメント町大分県津久見市津久見浦大分県津久見市入船西町大分県津久見市入船東町大分県津久見市徳浦本町大分県津久見市井無田町大分県立津久見高等学校大分県津久見市上宮本町大分県津久見市徳浦宮町大分県津久見市合ノ元町大分県津久見市志手町大分県津久見市下青江大分県津久見市中田町大分県津久見市高洲町大分県津久見市立花町大分県津久見市中央町大分県津久見市岩屋町大分県津久見市地蔵町大分県津久見市上青江

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大分県津久見市の関連情報