大分県由布市(読み)ゆふ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕由布〈市〉(ゆふ〈し〉)


大分県のほぼ中央、大分川に沿う由布院盆地を占める市。
2005年(平成17)10月、大分郡の挾間町、庄内町、湯布院町が合併して成立。この合併により大分郡は消滅。JR久大本線、大分自動車道、やまなみハイウェイなどが通じる。由布院温泉・湯平(ゆのひら)温泉・塚原温泉を中心に各種宿泊・保養施設が整い、九州有数のリゾート地を形成する。夏にはゆふいん音楽祭・湯布院映画祭といった文化的イベントが開催される。稲作と酪農・畜産、ナシやイチゴなどの果樹・野菜の栽培が盛ん。九重連峰東端の黒岳にはミヤマキリシマやツクシシャクナゲなどの貴重な植物が群生し、麓の男池(おいけ)は日本の名水百選に選ばれている。由布川峡谷は県名勝に指定された景勝地。挾間町地区に大分大学挾間町キャンパスがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大分県由布市の関連情報