コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分県臼杵市 うすき〈し〉

1件 の用語解説(大分県臼杵市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕臼杵〈市〉(うすき〈し〉)


大分県南東部、豊後水道臼杵湾に面する市。
2005年(平成17)1月、大野(おおの)郡野津町(のつまち)と合併して現在の姿となる。小説家・野上弥生子(のがみやえこ)の出身地。戦国時代末期に大友宗麟(おおともそうりん)が築城し、南蛮貿易の基地として栄えた。江戸時代には稲葉氏の城下町となる。醤油・味噌・酒などの醸造が盛んで、タバコ・造船などの工場がある。農業では葉タバコ・ピーマン・イチゴなどの栽培、養豚が盛ん。臼杵川中流域の臼杵磨崖仏(まがいぶつ)(臼杵石仏)は国の特別史跡かつ国宝に指定。大野川支流の野津川流域に天然記念物の風連(ふうれん)鍾乳洞がある。この地域は民話「吉四六(きっちょむ)ばなし」の里としても知られる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分県臼杵市の関連キーワード臼杵湾佐伯湾豊後水道モンクトン臼杵津久見豊前豊後大野臼杵[市]佐伯[市]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大分県臼杵市の関連情報