コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分県臼杵市 うすき〈し〉

1件 の用語解説(大分県臼杵市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕臼杵〈市〉(うすき〈し〉)


大分県南東部、豊後水道臼杵湾に面する市。
2005年(平成17)1月、大野(おおの)郡野津町(のつまち)と合併して現在の姿となる。小説家・野上弥生子(のがみやえこ)の出身地。戦国時代末期に大友宗麟(おおともそうりん)が築城し、南蛮貿易の基地として栄えた。江戸時代には稲葉氏の城下町となる。醤油・味噌・酒などの醸造が盛んで、タバコ・造船などの工場がある。農業では葉タバコ・ピーマン・イチゴなどの栽培、養豚が盛ん。臼杵川中流域の臼杵磨崖仏(まがいぶつ)(臼杵石仏)は国の特別史跡かつ国宝に指定。大野川支流の野津川流域に天然記念物の風連(ふうれん)鍾乳洞がある。この地域は民話「吉四六(きっちょむ)ばなし」の里としても知られる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大分県臼杵市の関連情報