大分県豊後大野市(読み)ぶんごおおの〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕豊後大野〈市〉(ぶんごおおの〈し〉)


大分県南部、大野川の上・中流域に位置する市。
南部で宮崎県と接する。2005年(平成17)3月、大野郡の三重町、清川村、緒方町、朝地町、大野町、千歳村、犬飼町が合併して成立。この合併により大野郡は消滅。市の中心地は三重町地区にあり、周辺を神角寺芹川県立自然公園・祖母傾(そぼかたむき)県立自然公園・祖母傾国定公園に属する山林に囲まれた盆地上の地形をなす。稲作・麦作・畜産・酪農に加え、シイタケ・サトイモ・葉タバコ・野菜・果樹・キクなどの花卉(かき)栽培が盛ん。プラスチック加工・化学・精密機器などの工場がある。菅尾石仏・犬飼石仏・緒方宮迫東石仏・緒方宮迫西石仏はいずれも国の史跡に指定。清川町地区に岩戸遺跡がある。中津無礼(なかつむれ)川上流域に稲積水中鍾乳洞がある。緒方川にかかる幅120mの原尻の滝は日本の滝百選に選定されている。御嶽山自然公園に展望浴場があり、烏帽子(えぼし)岳はボタンザクラの名所。大野川中流域の犬江釜峡には河川公園リバーパーク犬飼がある。朝地町地区に彫刻家・朝倉文夫を記念した愛の園生(そのお)朝倉文夫(あさくらふみお)記念公園がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大分県豊後大野市の関連情報