大分県豊後高田市(読み)ぶんごたかだ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕豊後高田〈市〉(ぶんごたかだ〈し〉)


大分県北部、国東半島北西部に位置する市。
周防灘に臨む。2005年(平成17)3月、西国東郡の真玉町、香々地町と合併して現在の姿となる。中心地は鎌倉時代から国東半島北岸の要地。17世紀半ばから島原藩の陣屋町として発達した。稲作と畜産・酪農、果樹・野菜・葉タバコや白ネギ・スイカの栽培が盛ん。山林部ではシイタケ栽培も行われる。北西沿岸部では海苔(のり)や貝類・クルマエビなどの養殖漁業もみられる。電機・食品などの工場がある。六郷満山(ろくごうまんざん)の仏教文化を伝える古刹が多く、石造文化財が点在する。富貴(ふき)寺、真木大堂、熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)などが有名で、富貴寺の大堂は国宝。北部海沿いの景勝地・長崎鼻(ながさきばな)にはキャンプ場が整備されている。真玉温泉・夷谷温泉などの温泉が湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大分県豊後高田市の関連情報