コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大利根〈町〉 おおとね〈まち〉

1件 の用語解説(大利根〈町〉の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕大利根〈町〉(おおとね〈まち〉)


埼玉県北東部、利根川中流南岸に存在した町。北埼玉(きたさいたま)郡。
古(ふる)利根川のほか、利根川の旧河道と自然堤防が筋状に走る。農業は稲作と野菜栽培が中心。印刷・電機などの工場が点在し、栗橋町寄りの東部では宅地化が進む。童謡作曲家・下總皖一(しもふさかんいち)の出身地であり、童謡のふる里図書館・ノイエがある。2010年(平成22)3月、合併により廃止。⇒加須市

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone