大利根〈町〉(読み)おおとね〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕大利根〈町〉(おおとね〈まち〉)


埼玉県北東部、利根川中流南岸に存在した町。北埼玉(きたさいたま)郡。
古(ふる)利根川のほか、利根川の旧河道と自然堤防が筋状に走る。農業は稲作と野菜栽培が中心。印刷・電機などの工場が点在し、栗橋町寄りの東部では宅地化が進む。童謡作曲家・下總皖一(しもふさかんいち)の出身地であり、童謡のふる里図書館・ノイエがある。2010年(平成22)3月、合併により廃止。⇒加須市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android