コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原合戦

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大原合戦

1359年、筑後川をはさんで北朝南朝が戦った「筑後川の戦い」とも呼ばれる中世での九州最大の合戦。後醍醐天皇征西将軍として派遣した懐良(かねなが)親王や菊池武光が率いる南朝4万人と、室町幕府を開いた足利尊氏勢の少弐頼尚(しょうによりひさ)ら北朝6万人が九州の覇権を争った。関ケ原の戦い、川中島の戦いと並ぶ日本三大合戦の一つとされる。

(2009-12-23 朝日新聞 朝刊 筑後 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大原合戦の関連キーワード足利義詮慈厳マグヌス6世サン・シュテファン大聖堂雲仙・普賢岳の溶岩ドーム平成新山高松空襲足利氏満後円融天皇ジョットの鐘楼

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android