コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大型店の撤退

1件 の用語解説(大型店の撤退の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大型店の撤退

産業再生機構の支援を受けたダイエー、倒産したマイカルそごうなどが中心市街地で大型店を閉鎖し、各地で社会問題となった。イオンユニーなどでつくる業界団体「日本チェーンストア協会」は06年6月、「地域商業者等との連携・協働のためのガイドライン」を発表。大型店を撤退させる際、出来る限り情報開示を早くし、地元関係者に十分に説明することを明記。従業員の再就職や後継テナントに対応することも盛り込んだ。

(2007-03-29 朝日新聞 朝刊 山形全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大型店の撤退の関連情報