大学の都心回帰

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大学の都心回帰

1959年に、首都圏の都市部に人口や産業が集中することを防ぐ「工場(業)等制限法」が成立。都心部での学部新設・増設が制限された。一方で、進学率は急増し、施設拡大に迫られた大学は次々と郊外キャンパスを移した。同法は役割を終えたとして2002年に廃止。05年の東洋大に続き、青山学院大、共立女子大、明治大、実践女子大と、首都圏の学生が通いやすい「都心移転」への流れに変わった。

(2016-06-12 朝日新聞 朝刊 東京四域・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大学の都心回帰の関連情報