大学入試センター試験改革

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大学入試センター試験改革

昨年12月に中央教育審議会文科相諮問機関)が提言した。センター試験に代わり、知識量より考える力を問う新テストを導入する。受験生が日程を選べる「年複数回実施」や、1点刻みではなく、段階別の点数表示、「合教科・科目型」「総合型」といった従来の科目を横断するような出題などが主な柱とされた。コンピューターを使った試験も検討している。

(2015-06-26 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android