コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大居士 だいこじ

大辞林 第三版の解説

だいこじ【大居士】

〘仏〙 成人男子の戒名の下部をなす部分の一つ。在俗者のものとしては最も格が高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大居士の関連キーワード川喜田 半泥子(1代目)義仲寺(ぎちゅうじ)国泰寺(広島市)近藤 万太郎細井広沢墓蜂須賀正勝島津重豪田沼意次狩野探幽松浦静山三井高利今川義元上杉景勝蒲生君平武田信玄真田信繁河野通有柳生三厳福島正則功山寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大居士の関連情報